塾学習に関するコラム


学力向上に向けた取り組み

●学習作法の指導
勉強の内容ではなく勉強方法を教えることで学習の「習慣」が変わり、やがて大きな成果の向上へと導くための、学習の仕組みを構築します。

1.基本作法 「できるようにする」
 (1)満点を取れるようにする
 (2)時間内にできるようになるまでやる
 (3)即答できるまで繰り返す

2.習得作法 「できることをさらに繰り返す」
 (1)すらすら読めるようになっている
 (2)意味を把握できている
 (3)ことあるごとに繰り返す

3.未知の問題を解く作法@ 「分析する」
 (1)抽象的なものを具体化する
 (2)見えないものを可視化する
 (3)結論の側から考える
 (4)部分に分けて考える

4.未知の問題を解く作法A 「俯瞰する」
 (1)評論は話題、小説は場面から考える
 (2)意味から考え代入する
 (3)先に全体的な構造をとらえる

5.応用実践学習作法 「自分で説明できるようにする」
 シャドウティーチング(1)定義を説明する
 シャドウティーチング(2)正答へのプロセスを説明する
 シャドウティーチング(3)論述問題の答えをつくる



コラム一覧に戻る