塾学習に関するコラム


ITTO個別指導学院の取り組み

1. 講師と生徒の密なコミュニケーション
 必ず全生徒に一言は話しかけるようにしています。勉強のことはもちろんですが、学校のことや生徒たちの関心のあることなど、話題は様々です。こちらから距離間を縮めていくことで、自然と生徒から話かけてくれるような関係性を築いています。

2. 自分見つめなおしシート
 毎月、「自分見つめシート」を使って生徒の状況を理解するようにしています。
 今月の成長目標として、大きな目標を立ててもらいます。内容はクラブ活動や今頑張っていることなど様々です。また、それとは別で、勉強面での目標を立ててもらいます。
 もうひとつの項目が、「最近の気持ち」について。フリーで書けるになっていますが、それとは3つのチェック項目があります。この調子でいこうと思う、頑張ろうと思う、話を聞いて欲しい。
この1枚の紙でも、毎月行っていれば、必ず生徒の変化に気づきます。当塾ではそのちょっとした変化にも対応していき、生徒との絆をより深めていきます。

3.宣言ボード
 生徒全員がそれぞれ思い思いの目標を宣言したカードを一つのボードに貼り付け掲示します。目標を全員で共有すること、宣言すること、見える化することは、目標実現への大きな一歩であると考えています。

4.絆ボード
 生徒同時がお互いのいいところ、感謝の気持ちをカードに書き込み一つのボードに掲示します。感謝の気持ちを伝えること、お互いの長所を見つけることは、子供たちの成長過程の中で大きく影響します。

5.子どもの集中力を高める

コラム一覧に戻る